中小企業診断士のおすすめ通信講座

【13項目で徹底比較!】スタディングと診断士ゼミナールの中小企業診断士講座はどっちがおすすめ?口コミや評判も要チェック!

スタディング診断士ゼミナール比較

スタディングと診断士ゼミナールの中小企業診断士講座は、コスパが非常に良い通信講座として知られていますが、これから中小企業診断士の通信講座を選ぼうとされている方の中で、この2社で迷われている方も結構多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、上記2社を13個の項目で徹底比較してみました!

比較項目もかなり多いので、まずは結果をドドンッと公開しておきたいと思います。

■スタディング、診断士ゼミナール比較一覧表
項目 結果(軍配)
講義動画 スタディング
短時間で効率良く学習できる
動画形式 診断士ゼミナール
通信料気にしなくてOKなダウンロード形式
テキスト スタディング
学習マップで体系的に学べる
過去問 診断士ゼミナール
5年分がついてる
質問サポート 診断士ゼミナール
無料で回数無制限
延長サポート 診断士ゼミナール
3年間無料延長可能
サポート機能(その他) スタディング
学習レポートや勉強仲間機能などあり
受講料 診断士ゼミナール
わずかながら安い
合格お祝い 診断士ゼミナール
3万円のお祝い金あり
冊子印刷
(オプション)
スタディング
わずかながら安い
運営実績 スタディング
他資格でも実績あり
科目選択 スタディング
科目選択可能
口コミ・評判 引き分け
お互い良い口コミが多い
集計結果 スタディング診断士ゼミナール
(引き分け:1)

せっかく比較したのに、引き分けというなんとも申し訳ない結果になってしまいました(苦笑)

ただ、裏を返せばどちらを選んでも合格にたどり着けるだけのクオリティはあるという事ですので、あとはご自身が重視するポイントを棚卸ししてどちらにするかを選んでいただければと思います。

では、以下よりそれぞれの強みや特徴などを、受講生の口コミ・評判を踏まえて詳しく解説しておりますので、中小企業診断士の通信講座選びに迷われている方は、是非参考にしてみて下さい!

※この記事で比較しているのは、双方一番スタンダードな1次2次試験対応の講座です。

\比較する前に両校の最新情報をチェック!/

スタディングの公式サイトはこちら

診断士ゼミナールの公式サイトはこちら

講義動画を比較

スタディング 診断士ゼミナール
通常講義形式
118時間
図表多めポインター使用
270時間

まずは講義動画を見ていきましょう。

講義の形式としては、スタディングが以下のようにバックにデジタルテキストを映し出し、それを講師の方が解説していくという通常の講義形式です。(※無料会員登録でサンプル視聴可能です)

スタディング講義動画画像

一方、診断士ゼミナールはデジタルテキストのみを映し出し、それをポインターを使用して解説していくというスタイルです。

↓参考動画有り

 

これに関してはどちらも見にくいという事もないですし、ご自身の好みで選んでいただいて問題ないと思います。

で、講義時間ですが、スタディングは出題される可能性が高い範囲に絞って効率よく学習を進めていくのがひとつのコンセプトになっているため、118時間と少なめ。

診断士ゼミナールは270時間とかなりのボリュームになっているため、「イチから十まで学習する」というスタイルが近いですね。

また、診断士ゼミナールのホームページでは、以下のような学習時間紹介をされています。

【講義:約180時間(1.5倍速)】ってわざわざ書くという事は、診断士ゼミナール側としても「やっぱり多いよな。。」って思ってるのではと勘ぐってしまいました(笑)

これも個人の価値観によって左右される部分ではありますが、皆さんの第一目標はやっぱり中小企業診断士試験に合格することだと思いますので、私的には学習範囲を絞って効率よく学習できるスタディングの方が魅力的かなと感じました。

タクヤ
タクヤ
★講義動画比較の結論★
短期間集中で学習効率の高いスタディングの勝利!

動画形式を比較

スタディング 診断士ゼミナール
ストリーミング ダウンロード

スタディングの動画形式は一般的なストリーミング形式となっており、視聴するにはネット環境が必要です。

言うまでもないですが、フリーWi-Fiや定額のWi-Fiなどを使用しないと、すぐに上限に達してしまいます。

スマホのパケットだと請求額がえげつないことになるので注意が必要です(笑)

診断士ゼミナールはというと、中小企業診断士の通信講座では唯一となるダウンロード形式を採用しており、一度ダウンロードしてしまえばネット環境がなくても講義動画を視聴できます。(スタディングも音声はダウンロード可)

ただ、ダウンロード時にはかなりの容量と時間が必要になりますし、ダウンロードしたファイルを格納しておくのにまた容量が必要になるという点は注意しておきたいところです。

案外ここは盲点となるので、しっかりマイナス面も加味したうえで判断していただきたく思います。

とはいっても、やはりネット環境不問で動画視聴できるという点は通信講座としてはかなり魅力的なので、診断士ゼミナールの勝利とします。

タクヤ
タクヤ
★動画形式比較の結論★
ネット環境がなくても学習可能なダウンロード形式の診断士ゼミナールの勝利!

テキスト教材を比較

スタディング 診断士ゼミナール
学習マップ
フルカラー
講座オリジナル
フルカラー
講座オリジナル

テキストについては、ともにPDF形式での提供となっており、講座オリジナルテキスト、フルカラー、図表もありで非常に高いクオリティとなっています。

こちらが診断士ゼミナールのテキスト例です。
診断士ゼミナールテキスト例

で、勝負の分け目となるのは、スタディングは「学習マップ」というものがある点です。

以下がスタディングの「学習マップ」イメージです。

スタディング学習マップ

これはマインドマップの学習バージョンで、知識を整理・体系化するのにかなり役立ちます。

テキストかと言われると微妙にテキストではない気もしますが(笑)テキストのオプションとして考えた場合にかなり有用なので、スタディングの勝利という結果にしました。

なお、テキストを選ぶ際に見ておきたいポイントのまとめ記事もございますので、ぜひ参考にして下さい。

タクヤ
タクヤ
★テキスト教材比較の結論★
学習マップがついてくるスタディングの勝利!

過去問を比較

スタディング 診断士ゼミナール
過去2年分 過去5年分

過去問については単純に何年分ついてくるかという点で確認してみましょう。

スタディングは過去2年分なのに対し、診断士ゼミナールは過去5年分が用意されています。

中小企業診断士試験は過去問をどれだけやり込むかによって合格率がかなり変わります。

もちろん同じ問題を何周もグルグルするよりも、様々なパターンの問題に触れて対応能力を高めた方がいいのは間違いないので、過去5年分ついてくる診断士ゼミナールの勝利です。

タクヤ
タクヤ
★過去問比較の結論★
過去5年分がついてくる診断士ゼミナールの勝利!

質問サポートを比較

スタディング 診断士ゼミナール
回数制限あり
以降有料で可
回数無制限
無料

通信講座は学習スタイルとしてはほぼ独学なので、不明点が出た際に質問できる環境にあるかどうかというのはかなり重要です。

スタディング、診断士ゼミナールともに質問サポートはついていますが、スタディングの方は回数制限有で、回数を超えるとそこから有料。

一方の診断士ゼミナールは無料で質問回数も無制限とかなり充実しています。

質問できるという意味では一緒ですが、無料というのはやはり大きいので、診断士ゼミナールの勝利としたいと思います。

タクヤ
タクヤ
★質問サポート比較の結論★
無料回数無制限で質問できる診断士ゼミナールの勝利!

延長サポートを比較

スタディング 診断士ゼミナール
なし 3年間無料

中小企業診断士試験は1次試験だけでも7科目を合格しないといけませんが、受験年度を含めて3年は科目合格として翌年に持ち越すことが可能です。

もちろん1年でストレート合格が一番望ましいですが、複数年かけて資格取得を目指すのもひとつの方法です。

そうなった場合、延長サポートの有無が結構大きくなりますが、スタディングは延長サポートという名目のものはなく、次年度は次年度分としてまた追加で受講料が必要になります。(もちろん割引にはなりますが)

一方、診断士ゼミナールは無料で3年間の延長サポートがついており、数年かけて合格を目指すパターンでも3年までなら追加料金なしで受講可能です。

診断士ゼミナール受講延長サポート

「絶対に1年で合格するぞ!」と自分の尻に火をつけるという意味ではない方がいいのかもしれませんが、まぁでもあった方が良いですよね(笑)

というわけで、この項目は診断士ゼミナールのポイントです。

タクヤ
タクヤ
★延長サポート比較の結論★
3年間無料で延長受講できる診断士ゼミナールの勝利!

その他のサポート機能を比較

スタディング 診断士ゼミナール
学習フロー
学習レポート
勉強仲間機能
学習メモ/横断検索
なし

上記で質問サポートと延長サポートについては比較しましたが、それ以外のサポート機能についても比較してみましょう。

診断士ゼミナールは質問サポートと延長サポートの2点のみで、その他目立ったサポート機能というのは備わっていません。

スタディングはというと、その他にも以下のようなサポート機能があります。

  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 勉強仲間機能
  • 学習メモ/横断検索

上記機能は主に通信講座で懸念されるモチベーション維持の手助けをしてくれるものです。

勉強スタイルとしてはほぼ独学と変わらない通信講座の中で、勉強仲間機能で同じ目標の方と切磋琢磨できるのはかなり有用ですし、学習レポートでやる気の維持にもつながります。

数だけ揃っていても中身がスカスカのサポートもある中で、スタディングのサポート機能はかなり優れていると言っていいでしょう。

タクヤ
タクヤ
★その他のサポート機能比較の結論★
有用なサポート機能があるスタディングの勝利!

受講料を比較

講座を選ぶ際に非常に重要な比較ポイントである受講料を見ていきましょう。

それぞれ講義内容に違いがあるため単純には比較できませんが、大まかに見て同じような内容のものを比較してみました。

スタディング 診断士ゼミナール
69,300円(税込) 59,780円(税込)

スタディング、診断士ゼミナールともに受講料の安さもウリにしているだけあって、双方相当安いです。

上記の金額は1次試験対応だけでなく2次試験にも対応しているスタンダードなものになるので、いかに安いかというのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ここから更に割引がきいたりするので、大げさじゃなく独学と変わらないくらいの金額で通信講座で学ぶことが可能になります。

お互い安いですが、診断士ゼミナールの方が少し安いので、ここは診断士ゼミナールの勝利となりました。

タクヤ
タクヤ
★受講料比較の結論★
圧倒的低価格の診断士ゼミナールの勝利!

合格お祝い金を比較

スタディング 診断士ゼミナール
10,000円 30,000円

合格お祝い金はスタディング、診断士ゼミナールともに2次試験合格にて進呈されます。

金額としてはスタディングが10,000円、診断士ゼミナールが30,000円となっており、20,000円もの差がついています。

合格お祝い金の受け取りにはそれぞれ提出書類が必要なのですが、診断士ゼミナールは本人写真の提出がないとお祝い金が3,000円まで減額されてしまいます。

提出書類等については広告物等に使用する可能性がある旨が記載されているため、ネット上などで自分の顔が公開されたくないという場合はスタディングの方がお得ということになりますね。

必要な提出物について以下にまとめましたので、こちらもご活用ください。

スタディング 診断士ゼミナール
アンケート
合格体験談
合格体験記
合格証書のコピー(写真でも可)
本人写真(ない場合3,000円)
タクヤ
タクヤ
★合格お祝い金比較の結論★
30,000円が進呈される診断士ゼミナールの勝利!
(ただし、顔写真提出不可の場合はスタディングの方がお得)

冊子印刷(オプション)を比較

スタディング 診断士ゼミナール
14,900円(税込) 20,350円(税込)

スタディング、診断士ゼミナールともにテキストはPDF形式での提供になるため、冊子として手元に置いておきたい場合は印刷する必要がありますが、その印刷する手間を省けるようにオプションで冊子印刷も受け付けてくれます。

もちろん無料というわけにはいかず有料になるのですが、こちらを比較するとスタディングが14,900円、診断士ゼミナールが20,350円と、5,000円ほどスタディングの方が安く印刷してくれます。

「テキストの印刷もマストで頼みたい!」という事であれば、総額でスタディングの方が安くなるコースもありますので参考までに。

タクヤ
タクヤ
★冊子印刷(オプション)比較の結論★
5,000円ほど安く印刷可能なスタディングの勝利!

運営実績を比較

スタディング 診断士ゼミナール
他資格でも実績あり 中小企業診断士講座特化

運営実績として、それぞれ中小企業診断士試験の合格率や人数が分かれば比較しやすかったのですが、ともに公表されていませんでした。。

そこで、資格学校としての運営実績を比較してみました。

診断士ゼミナールはその名前からも読み取れる通り、中小企業診断士試験に特化しています。

一方スタディングは、他の資格の講座も多数(2020年10月時点で27講座)取り揃えており、公式ホームページによると累計受講者数は80,000人を突破したとのこと。

ここ数年で一気に受講者数が伸びているという事で今かなり注目されている資格学校ですので、運営実績としてはなかなか良いと判断しました。

診断士ゼミナールも特化している分クオリティが高いという見方もできますが、実績となるとやはりスタディングに分があるかなと思います。

タクヤ
タクヤ
★運営実績比較の結論★
他資格でも実績のあるスタディングの勝利!

科目選択を比較

スタディング 診断士ゼミナール
可能 不可

診断士ゼミナールは科目選択できるコースというものはなく、あくまでも1次試験対応や2次試験対応といった大まかなくくりでしか講座が用意されていません。

一方、スタディングは1次試験において科目別のコースが用意されているため、特定の科目だけを学習するという事も可能です。

受講料も1科目あたり14,190円(税込)とかなり安めの設定になっているため、科目合格を狙う方はスタディングを選ばれた方が良いでしょう。

タクヤ
タクヤ
★科目選択比較の結論★
科目選択可能なスタディングの勝利!

受講生の口コミ・評判を比較

最後にそれぞれの受講生の口コミ・評判を見てみましょう。

5つずつピックアップしてみました。

スタディング中小企業診断士講座の受講生口コミ・評判

松本 泰来さん

もともと市販テキストで独学に挑戦していましたが、財務会計がわからな過ぎて挫折。一人じゃ無理だと考え直して、たどり着いたのがスタディングでした。初めて講義動画を見たときは、あんなに意味不明だった投資分野がこんなにわかるなんて!と大変感動しました。会社のパソコンでもスマホでも勉強できるので場所も時間も選ばないのが良かったと思います。スタディングをやって、仕事も勉強もプライベートも時間の使い方がうまくなって、一日の充実感が高まった気がします。

三田 英嗣さん

中小企業診断士は膨大な範囲の領域を学ばなければなりませんが、スタディングは合格に向けて適切な絞り込みがされており、効率よく合格に必要な知識を身に付けることができます。なので”無駄なことは一つもしていない”と思いながら学習を進めたことで、モチベーションを維持しました。さらに良い点は、単元ごとに動画と学習マップで学ぶインプットの後、すぐにスマート問題集→過去問とアウトプットに入るというカリキュラムにあります。この構成と各単元のロットサイズが自分の学習ペースと非常にうまく噛み合い、体系的な理解が進み、新たな分野を学ぶ楽しさにつながりました。

林 遼さん

通勤時間やちょっとした待ち時間にスマホ1つで気軽に勉強できるので、「少しでも手が空いたら、講義を1つでも聴くか、問題を1問でも解く!」という意識を常に持つようにすれば、自然と勉強時間も積み重なり、合格圏内にたどり着く実力が身に付きます。インターネット環境が不安定な場所でも、講義をダウンロードしておいて聴いたり、間違ったり理解していなかった問題の解説のうち、自分にとって大切だと思ったところを、スマホのメモ帳に貼り付けて、繰り返し読むなど、工夫次第で、勉強は可能です。正直、オンラインの講座と問題演習だけで合格できるのかと不安になり、市販のテキストと問題集も並行して勉強していましたが、合格してみて振り返ってみると、特に1次試験はSTUDYingの教材のみで十分合格できる実力は身に付いていました。

武富 涼介さん

通信講座を選ぶときに特に重視したのは、どれだけスキマ時間を活用して、短期間で効率的に勉強できるかということでした。その点、通勤講座の学習マップは私にとって最適なツールでした。中小企業診断士の勉強は範囲が広いですが、経営という1点において、それぞれの分野がどこかで関連しているのが特徴だと思います。その関連性を可視化してくれたのが、私にとっては学習マップのツリー構造でした。それぞれの項目や科目をバラバラに勉強するのでは、半年程度の短期間ではとても合格することはできなかったと思いますので、この講座に出会うことができて、私は幸運でした!

正留 修一さん

仕事が忙しく勉強の時間が取りにくい私にとって、電車の時間が有効に使えるスタディングは強い味方でした。1次試験は、何回も繰り返すことを重視。動画で一度インプットしてから、問題集を早いサイクルで何度も回して電車の中で学習しました。問題集は間違った問題を取り出して勉強できるので電車の中での学習には最適でした。2次試験は、通勤講座の2次試験のロジックマップの考え方を参考に5年ぶんくらいの過去問を何度も繰り返しました。同じような答えを書くことよりも、論述の方法や使用する知識は人それぞれと割り切り、与件文から同じ根拠を拾って書けるようになることを重視しました。幅広く必要な知識だけを効率的に習得できますので、凄く良い教材だったと思います。

診断士ゼミナール中小企業診断士講座の受講生口コミ・評判

長谷川 研さん

一言で言い表すと、診断士ゼミナールは「わかりやすい」に尽きると思います。更に、要点や重点箇所をコーチングしてくれたので、効率的に勉強が出来ました。私の場合は、暗記が得意ではなかったので、「中小企業経営・政策」が苦手科目でした。更に年度によって切り口が異なる為、私一人では的を絞ることが出来ませんでした。しかし、診断士ゼミナールの例題は、良くリサーチされており、しっかりと予習したおかげで、当科目でも合格点を取ることができました。

神 貴知さん

松永先生の基本的に穏やかで、時に熱い講義は集中を維持しやすく、繰り返し視聴した結果、深い理解へとつなげることができました。重要な点、そうでない点を明確に伝えていただいたのも非常に参考になりました。結果として、一次試験は診断士ゼミナール一本で合格できましたので、大変ありがたい講義でした。二次試験対策は明確な正解は無いという性質のため、(講義の中でもおっしゃっていましたが)診断士ゼミナールだけではなく、その他の書籍で過去問の研究を行いましたし、テクニック的なものも他から得ました。最後に、最終講義のメッセージや、試験前日の松永先生のメールは大変有り難く、その言葉を励みに試験に挑みました。合格できたのは診断士ゼミナールのおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

橋本 昌寛さん

診断士ゼミナールの決め手となったのは、映像をダウンロードできましたのでスマホに入れて、通勤時間など時間がある時に気軽に見ることができたためです。ストリーミングだと通信料が気になりました。しかし、サンプル映像は見ていましたが、講師の説明の仕方が自分に合うかどうか少し心配でした。実際には、気になるところはなぜそうなるのか適切な説明が入っており、想定していた以上に分かりやすく、硬くなっている頭にも入ってきました(笑)。また、再生速度も変えられる点もよかったです。通常速度では遅く感じましたが1.5倍速にするとぴったりでした。試験が近づいた頃は、苦手なところを2倍速にして繰り返し見ていました。

渡邉 浩之さん

動画が分かりやすく、講師の説明も倍速等でも聞き取れる丁寧な話し方です。試験に対しての要・不要の説明もあり、テキストも動画とリンクさせて復習がしやすく、試験範囲が非常に広い中で効率を考えた教材でした。他の参考書は解説を理解するのに時間がかかりますが、当講座は簡略かつ迅速であり、繰り返しやることで知識が定着しました。

西尾 知恭さん

低価格であるため正直期待は低かったのですが、講師の松永先生の講義は説明が丁寧で図や表を多く活用されており、大変わかりやすかったです。一次試験の直前講座では重要論点のまとめと時事的な論点(法律改正点など)もカバーされており、大変有用でした。診断士ゼミナールの講座に加えて大手予備校の問題集を併用したところ、結果として80%近くの得点で一発合格することができました。二次試験も苦戦はしましたが1発で合格できました。診断士ゼミナールのおかげです。ありがとうございました!

口コミ・評判を比較してみて

受講生の方の口コミを見てみると、どちらも高評価のものが多く、満足度はかなり高いと見受けられました。

しいて言うなら、スタディングの方は合格体験談に対して講師の方が1件1件返事を書いておられたので、「しっかり受講生に向き合ってくれてるんだなぁ~」という印象を持ちました。全部に返事書くのって結構大変でしょうからね^^;

まぁとはいえここはそこまで優劣をつけるほど差はないと思いますので、引き分けとしたいと思います!

タクヤ
タクヤ
★受講生の口コミ・評判比較の結論★
両者とも満足度が高そうなので引き分け!

スタディングと診断士ゼミナールの講座比較まとめ

ここまで長々と、スタディングと診断士ゼミナールを13項目で比較してきました。

冒頭で先に結果をお伝えしておりますが、再度一覧表にまとめてみましたのでご覧ください。

比較項目 スタディング 診断士ゼミナール
講義動画 通常講義形式
118時間
図表多めポインター使用
270時間
動画形式 ストリーミング ダウンロード
テキスト 学習マップ
フルカラー
フルカラー
過去問 過去2年分 過去5年分
質問サポート 回数制限あり
以降有料で可
回数無制限
無料
延長サポート なし 3年間無料
サポート機能
(その他)
あり なし
受講料 69,300円 59,780円
合格お祝い 1万円 3万円
冊子印刷
(オプション)
14,900円 20,350円
運営実績 他資格実績あり 診断士特化
科目選択 可能 不可
口コミ・評判
スタディング 診断士ゼミナール
6 6

2回目になりますが、せっかく比較したのに結果は引き分けという何とも微妙な結果になってしまって、ちょっと申し訳ないです(苦笑)

当サイトでもランキングを出していますが、得点としては双方同率2位(一応スタディングを2位にしてますが)という結果になっているので、まぁこの結果もうなずけるかなと自分で納得しています(笑)

ただ、こうして項目ごとで比較してみることで、自分が重きを置く部分により優れている方を選択するということはできると思います。

例えば以下のような感じですね。

  • 受講料をとにかく押さえたいなら診断士ゼミナール
  • 学習範囲を絞った効率的学習や学習マップなどが魅力に感じる方はスタディング

それぞれのホームページでも得られる情報があると思いますので、こちらもチェックしていただければと思います。

ともに無料でテキストサンプルや動画サンプル視聴が可能ですよ♪

\まずは自分の目で確認してみよう!/

スタディングを公式サイトで詳しくチェック!

診断士ゼミナールを公式サイトで詳しくチェック!

 

当サイトで人気の通信講座ランキング

クレアール中小企業診断士通信講座

独自カリキュラム「非常識合格法」で最短合格を目指せます。無料質問サポートや添削指導といったサポート体制も充実しており、非常にクオリティの高い大手通信講座です!
詳しくはこちら

スタディング中小企業診断士通信講座

業界最安水準の受講料で、内容も充実の赤丸急上昇中の通信講座。テキストや問題集といった学習に必要なものは全てスマホ一台で完結してしまうので、スキマ時間を上手に活かしたい方に特にオススメです!
詳しくはこちら

診断士ゼミナール中小企業診断士通信講座

5万円台で一次試験・二次試験両方の対策ができるという、業界最安値の受講料が魅力。オールフルカラーのテキストや質問サポートも無料でついており、全体的なクオリティも非常に高い講座です!
詳しくはこちら

  • この記事を書いた人

タクヤ

中小企業診断士を目指すことを決意し、日々勉強に明け暮れるサラリーマン。 これまで様々な資格を通信講座で取得してきた私が、自分で調べた中小企業診断士通信講座の情報や勉強ノウハウをまとめます。 このサイトで発信する情報が、中小企業診断士を目指す皆さんの力に少しでもなれば幸いです!

-中小企業診断士のおすすめ通信講座
-, , , , , , , , ,

Copyright© 【厳選10社比較】中小企業診断士の通信講座ナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.